予防医学メディアサイト 最上級の美を創造する 美が叶う場所

知らないことは危険!?ファスティングダイエットの正しい方法

     
  
   アクセス数: 1255   

               

  

ダイエッターに人気のダイエット法、ファスティングダイエット
何も食べない絶食ダイエットとは異なり、身体に必要な栄養素であるビタミンとミネラルを酵素ドリンクや野菜ジュースなどで補うプチ絶食ダイエットです。

摂取量が抑えられるので、もちろんダイエットには嬉しい効果が期待できます。
けれども、ファスティングダイエットの一番の目的、それは痩せることではありません。
一定期間食べない時間を作ることで、胃腸や肝臓の消化機能を休息させ、内臓機能を向上させることが一番の目的。
体内の毒素や老廃物を排出するデトックス作用もあり、別名デトックスダイエットとも呼ばれています。

その期待できる効果は、内臓機能の向上やデトックスにとどまらず、健康と美容に嬉しいものばかり!

基礎代謝の向上による脂肪燃焼効果(ダイエットに最適!)
吹き出物や顔のくすみなどの肌トラブルの改善効果(美肌作りに最適!)
便秘解消効果(美容の大敵を追い払おう!)
免疫力の向上(健康には欠かせません!)

その他にも挙げたらキリがないほど。
体内をデトックスするということは、身体にとって良い効果ばかりなのです。

そんなファスティングダイエット。
あなたは正しいやり方をご存知ですか?
やり方を間違えると、かえって逆効果になってしまう危険性があるため、効果を得るには正しい方法で行うことが大前提です。

ファスティングダイエットを行う際に、絶対に!絶対に!!守っていただきたいこと。
それは準備期間と回復期間を必ず設けてください。

いきなりの絶食は身体に負荷がかかり、健康上良くありません。
ですから、準備期間は、絶食に向けていつもよりも食事の量を減らすことが大切です。

また、絶食後の休んでいた胃に、脂っこいものなどの刺激物は負担が大きすぎます。
回復期間では、お粥などの消化に良い物を選び、朝食から夕食へ、徐々に量を元に戻しましょう。

例えば、ファスティングダイエットを10月4日の丸1日行うとすると・・・

【準備期間】10月3日 → 【絶食期間】10月4日 → 【回復期間】10月5日
朝食:いつも通り       一日数回に分けて     朝食:お粥
昼食:やや少なめ       酵素ドリンクや      昼食:卵スープ
夕食:普段の半分量ほど    野菜ジュースを摂取    夕食:いつも通りの夕食

見て分かる通り、ファスティングダイエットは、
「今日食べ過ぎちゃったな〜明日やろうかな〜」
と言って、簡単にできるダイエットではありません

事前からの準備が必要なダイエット法です。
初心者は、いきなり1日絶食に挑戦せずに、半日絶食にトライすることをオススメします。
何よりも身体を慣らしていくことが大事ですから。

慣れてきたら、月に1、2回行い、体内に毒素を溜めないように心がけましょう!

  関連記事

AD

メルマガ会員限定情報を無料で配信

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>