予防医学メディアサイト 最上級の美を創造する 美が叶う場所

冷え性の主な原因

     
  
   アクセス数: 730   

               2013/10/01   

  
冷え性は、ある日突然起こるものではありません。
体質的な要因も、もちろんありますが、主な原因は毎日の食生活や生活習慣の中に潜んでいるのです。【食生活】私たちが普段口にする食品は、

・身体を温める「陽性食品
・身体を冷やす「陰性食品
・身体を暖めも冷やしもしない「中性食品

の三種類に分類することが出来ます。

この中で、冷え性の原因になりやすい食品は言わずもがな、「陰性食品」。
陰性食品を過剰に摂取することは、冷え性を引き起こす要因になるのです。

では、陰性食品とは?

代表的なものは、カリウムの含有量が多い食品でしょう。
暖かい地方で生産されているものや、夏野菜などが該当します。

例えば、バナナ、トマト、砂糖、ジャガイモ、酢は陰性商品の中でもカリウムの含有量が高く、体が冷えやすい陰性体質を引き起こしやすい食品です。
また、カリウムの含有量では上記の食品に劣りますが、キャベツ、レタス、牛乳、枝豆、緑茶も陰性の食品です。
陰性食品は、摂取量を気をつけないと、冷え性の原因になるのです。

陰性食品だけではありません。
ダイエットによる偏った食生活は、冷えの要因となる貧血を起こしてしまいます。

【生活習慣】

冷え性には、運動不足やエアコンの使用状況、服装などの生活習慣も密接に関わっています。

運動不足による代謝の低下は、血行不良を引き起こします。
血液の流れが滞ると、末端が冷えやすくなりますよね。

意外かもしれませんが、過ごしやすい環境づくりをするエアコンも原因の一つ。
冷房の温度設定が低すぎたり、風速が必要以上に強かったりすることで、神経機能が鈍ってきてしまいます。
つまり、自律神経機能の低下を招き、温度調節の働きが乱れてしまうのです。

服装については、安易に想像できますね。
当たり前ですが、薄着は身体を冷やします。
身体を締め付ける衣服の着用も、血液の流れを悪くするために、冷え性につながります。

私たちの永遠の友達、ハイヒールも実は該当するのです。
足元の血行を悪くさせ、末端冷え性になるだけでなく、浮腫みの原因にも。

血行不良は冷えの大きな要因ですから、無論、喫煙習慣も原因の一つ。
ニコチンは毛細血管を収縮させ、血行不良を起こし、体温低下を招いてしまうのです。

●       ●       ●       ●       ●
食生活や生活習慣が、健康に与える影響は大きなものですね。
そして、冷え性になりやすい環境として、「ストレス」こそ大問題。ストレスを感じると、脳の視床下部に影響をもたらします。
この視床下部、実は自律神経をコントロールする大切な役割があり、ストレスによって自律神経が乱れてしまうわけ。
体温調整を担う自律神経の乱れによって、血行不良が起き、体温低下へとつながるのです。健やかな毎日が美容の基本。
あなたは冷え性の原因になる日常を送っていませんか?

  関連記事

AD

メルマガ会員限定情報を無料で配信

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>