予防医学メディアサイト 最上級の美を創造する 美が叶う場所

冷え性になりにくくする食生活と生活習慣

     
  
   アクセス数: 856   

               2013/10/01   

  
冷え性になる前に予防できれば一番ですよね。
もし、冷え性になってしまったとしたら、予防方法を徹底して行うことで、症状が改善方向に向かいます。では、一体どんなことを行えば良いのでしょうか?

予防するために大事なことは、身体を暖める食生活と生活習慣

食生活では、身体を冷やす陰性食品はなるべく避け、中性食品を中心に、身体を暖める陽性食品を摂取することが大切です。

陰性食品には、加工食品や夏野菜、アルコール類が代表されます。
中性食品で代表的なものは玄米でしょう。
そして、陽性商品は、鉄分、タンパク質、塩分の含有量が高い食品が多いのが特徴です。
生姜、ネギ、ニンニク、唐辛子、ゴボウなどの寒い地方や冬場に採れるもの、根菜類などが代表されます。ここで、大切なことは陽性食品の過剰摂取に気をつけること。

いくら冷え性を改善したいからと言って、陽性食品ばかり摂り続けては、陽性体質を招いてしまいます。
血液濃度が上昇し、高血圧、不眠症などの症状を引き起こしかねません。
適度な摂取を心がけ、身体を中性に保つことが健康的です。

さらに冷え性予防として、

・保温効果のあるタンパク質
・神経の働きを促進させるビタミン類
・造血に働きかける鉄分

これらの成分は、積極的に摂り入れたいですね。

また、生活習慣も予防には欠かせません。

運動を取り入れた身体を温める生活習慣が予防の基本です。
運動不足は冷え性の原因になるので、日頃から体を動かし、筋肉をつけ、血行促進に働きかけましょう。

入浴も冷え性予防には大変効果的です。
ただし、短時間の入浴は身体を冷やしてしまうので、注意が必要。
半身浴などでゆっくり温まると、リラックス効果もあり、ストレスの軽減にもつながるので一石二鳥ですね。

身体を冷やさないような服装を心がけるのも大事な要素です。
血行不良を招くので、締め付ける衣服の着用は避けなければいけません。
外出先での冷房に対応するために、羽織るものを常に持参することは賢い方法だと言えます。

食生活と生活習慣を見直して、体を冷やさない毎日を心がけたいですね。

  関連記事

AD

メルマガ会員限定情報を無料で配信

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>