予防医学メディアサイト 最上級の美を創造する 美が叶う場所

冷え性に効果のある栄養素や食材

     
  
   アクセス数: 707   

               2013/10/01   

  
冷え性の予防や改善の対策において、理想的な生活習慣だけでは十分と言えません。冷え性になってしまう前に!
冷え性になってしまったら尚の事!!
冷え性の予防改善に効果のある栄養素や食材を積極的に摂り入れて、体の内側から冷えを撃退しましょう。栄養素では、

【タンパク質】
三大栄養素の一つであり、身体を温めるエネルギーを作り出します

【ビタミンE】
血行を促進するため、身体を暖める効果があります。

【ビタミンC】
毛細血管の働きを促進し、身体の末端の冷えを防ぎます。

【ビタミンB群】
糖質やタンパク質をエネルギーに変える働きをし、体熱を生み出します

【鉄分】
造血に欠かせず、貧血や体温の低下を防ぎます。

これらの栄養素を不足なく補うことが、冷え性対策には欠かせません。

そして、上記の栄養素にプラスしたい食材は、身体を温める効果のあるスパイスなど。

【胡椒】
新陳代謝の活性と血液の循環を促進する効果があります。
中でも、胡椒の一種であるヒハツは血管拡張作用があり、冷えの緩和に働きかけるのです。

【生姜】
抗酸化作用に優れ、血行や消化を促進するだけでなく、ストレスの緩和にも有効な万能薬です。
生姜に含まれているジンゲロールという成分が血管を拡張させ、血流を促し、発汗作用を発揮します。

【唐辛子】
辛味成分のカプサイシンが高い発汗作用を持ち、体温を上昇させる効果があります。
しかし、過剰摂取は胃の粘膜を荒らしたり、血圧を上昇させるので、注意が必要です。

【ニンニク】
主成分アリシンによって、血行促進効果が期待でき、冷えの改善に働きかけます。

他にも、ハーブで言えばローズマリーも冷え性対策に打ってつけです。
ハーブティーでの摂取で、リラックスしながら、身体を温められるアイテムでもありますね。

ただし、栄養素やスパイスを毎日の食事に取り入れるのは簡単なことではありません。
サプリメントなどで、簡単に、かつ効果的に摂取する方法がおすすめです。
サプリメントならば、ニオイが気なる生姜やニンニクも、安心して摂取できますから。

冷え性対策に、ぜひ、食生活を見直してみましょう。

  関連記事

AD

メルマガ会員限定情報を無料で配信

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>