予防医学メディアサイト 最上級の美を創造する 美が叶う場所

浮腫みとセルライトの関係

     
  
   アクセス数: 1087   

               2013/10/01   

  

女性の悩みの一つ、浮腫み。
「夜に靴を買ってはいけない!」という程、浮腫みやすい身体の部位として脚が有名です。

どうして脚なのでしょう?
それは、夕方以降になると重力で体内の水分が下へ流れ、脚に溜まりやすいから。
デスクワークをしている方は、長時間座った体勢でいることで、血管とリンパ管の流れを滞らせてしまうことも要因の一つです。

そんな脚の浮腫み、放っておいたらどうなるか知っていますか?

浮腫んでいる脚はイコール血行不良の状態
この状態は、美脚の大敵であるセルライトを引き起こしがち。
実は、浮腫みを放置すればするほど、脚を太くさせてしまうのです。

そのメカニズムを説明しましょう。

皮膚の下に蓄積された余分な水分、老廃物、二酸化炭素が浮腫みを起こします。
浮腫みをすぐに解消しなければ、さらに老廃物や脂肪を引き寄せてしまいます。
これこそが、セルライト誕生のきっかけとなるのです。

血管から離脱した脂肪細胞が体内の水分や老廃物を吸収すると、細胞自体の代謝の乱れによって大きく肥大化してしまいます。
なんと、元のサイズから約2倍、3倍にまで成長するのです。
この肥大化した脂肪細胞が血管を圧迫するため、血行不良を促進させ、浮腫みの悪循環を引き起こします。

つまり、こういうこと。

浮腫みを放置
セルライトができる
浮腫みが進行
脂肪細胞に取り込まれる
セルライトができる
浮腫みが進行


悪いスパイラルが生まれると、周囲の脂肪細胞同士が付着し合い、塊と化していきます。
塊化した脂肪細胞の中に、さらに老廃物が溜まっていき、皮膚の表面からでも凹凸が分かる状態へ。

セルライトは脂肪細胞が変質したものであり、一度できてしまうと、解消するには多大なる時間と労力を消費しなければなりません。
セルライトによって伸びてしまった皮下組織は広がりやすく、太る要因をさらに増やしかねません。

だからこそ、浮腫みは早急に対処することが鉄則です。
放っておいた浮腫によって、あなたの脚は、見るも無残な姿になってしまうかもしれませんから。

  関連記事

AD

メルマガ会員限定情報を無料で配信

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>