予防医学メディアサイト 最上級の美を創造する 美が叶う場所

宇宙では◯◯の骨ももろくなる!?
カテゴリ: 

     
  
   アクセス数: 667   

               

  

スクリーンショット 2014-02-25 17.20.10

宇宙空間では人体にどのような影響があるのか、まだ詳しいメカニズムは分かっていません。その理由はもちろん現状では宇宙に行ける人が宇宙飛行士という、ごく限られた人だけだからでしょう。ですから宇宙飛行士はある意味人体実験のような側面があって、地球に帰還した後は専門の機関によって、詳しい検査を受けることになります。
宇宙空間では重力が無いために、何もしなければ著しく骨量が低下することが分かっており、それを防ぐために宇宙飛行士は毎日数時間のトレーニングを船内で行っているようです。それだけのトレーニングをしていても、地球帰還後には自力で歩けないそうですから、いかに人間が長期間宇宙空間に滞在することが難しいのかよく分かります。
宇宙飛行士の若田さんは何度も宇宙に行っているベテラン飛行士。毎回宇宙空間でいろいろな実験をしています。今回はメダカを持っていったようで、人間の骨と同じくメダカの骨ももろくなったとニュースは伝えています。一般の研究などではマウスを使った実験が定番だと思うのですが、なせメダカなのでしょうか。もしかすると宇宙空間ではマウスの餌やりが大変なのかもしれませんね。メダカであれば餌も粉状のものでよいですし、手間もそれほどかかりません。
宇宙空間でなぜ骨の量が減少するのか、そのメカニズムが分かれば骨粗鬆症の治療法にも役立つということですが、その過程に日本人の若田さんが関わっていることはすごいことですね。

参照URL:http://apital.asahi.com/article/news/2014022400002.html

  関連記事

AD

メルマガ会員限定情報を無料で配信

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>