予防医学メディアサイト 最上級の美を創造する 美が叶う場所

リスク回避を優先に子供のパパを選ぶなら45歳以下!?
カテゴリ: 

     
  
   アクセス数: 743   

               

  

昨今、歳の差結婚が流行り、40代半ばを超えてめでたくパパになるケースも増えている。結婚も出産もコントロールできるものではないので出来たタイミングがその人にとってのタイミングなのだが、出産に関してはリスクを伴うことを知っていて欲しい。女性の高齢出産は、ダウン症などの確率が高まるが、父親の年齢も注目すべきだという論文が発表された。

スクリーンショット 2014-03-08 13.29.43

 

今までは女性の年齢ばかりに注目が集まっていたが、男性諸君もうかうかしていられない現実があるらしい。45歳以上の父親から出来た子供は「自閉症、精神病、双極性障害のリスク」が増加するというから驚きだ。それが精子と関係しているのか、生活環境がそうさせるのかは、未だ「子供のリスク増加と精子形成時に発生する新たな遺伝子変異」との関係性が仮説にすぎないので定かではないが。もし、リスクを回避して子育てを行いたいのなら、父親の年齢にも着目すべきかもしれない。

参照URL

http://bhn.jp/news/19801

  関連記事

AD

メルマガ会員限定情報を無料で配信

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>