予防医学メディアサイト 最上級の美を創造する 美が叶う場所

「未来」は確実に近づいている
カテゴリ: 

     
  
   アクセス数: 606   

               2014/04/07   

  

脳がどのような働きをしているのか気になった経験はあるだろうか。

特に、自身の脳の働きに関心を示したことはあるのではないか。

もし、脳の働きが目に見えたなら、こんなに興味深い映像はないだろう。

しかし、これが実現されたというからニュースだ。カルフォルニア大学の研究室が作り上げたこの画期的なシステムは、私たちの生活に身近なアイテム、iPadで視聴可能というから驚きも二倍。脳の神経細胞や機関の様々な動きをリアルタイムで視聴でき、今の自分自身の動きをそのままiPadの画面上で確認できるというから驚愕の沙汰だ。このシステムのメカニズムは「「Magnetic Resonance Imaging」を利用し白質路で補完することで、高解像度の3Dの脳モデルを創りだしました。そして「頭皮上の電極で測定された信号から、脳内部の活動の複数のソースの場所とダイナミクスを再構築」して統計模型をつくります。さらに、64チャンネルの脳波キャップから出力しそのモデルと接続、被験者が自分の脳内を移動できるようにするiPadアプリケーションも構築」し、作成されている。「それぞれの色は、それぞれ異なる周波数帯域(シータ・アルファ・ベータ・ガンマ)の接続性とソースパワーを表しています。さらに金色の線は白質解剖のファイバートラクトになります。脳領域間の推定情報転送は、領域を連結するファイバートラクトに沿って流れる光パルスとして可視化されます」というその映像は、神秘的過ぎると言っても過言ではないほど。ますます、人類の奇知は未来に繋がっていくということを実感させられる。

参考URL:http://www.gizmodo.jp/2014/03/ipad3d_1.html

  関連記事

AD

メルマガ会員限定情報を無料で配信

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>