予防医学メディアサイト 最上級の美を創造する 美が叶う場所

メイクに関する53%という数字。果たして何を示す?
カテゴリ: 

     
  
   アクセス数: 544   

               

  

ずばり、メイク後の自分の顔に対する平均的な満足度。メイク動画サイト「GODMake.」がアンケート調査した結果、「自分のメイク後の顔にどのくらい満足しているかについて、満足度をパーセンテージで質問したところ、41~50%(27%)、51~60%(18%)、61~70%(17%)が高く、平均は53%の満足度」だったというから興味深い数字だ。特にCREVIA世代ともなれば、メイクの技術において初心者なわけではないし、むしろ熟練したテクニックを持つ人も少なく無いだろう。メイク歴が長いことにより、自身の顔の特徴をとらえ、自分に合ったメイクスタイルを確立しているのでは?そうすれば、自分の持つ理想顔にメイクという手段で近づけることができるので、パーセンテージはもう少し高いものを予想していた。しかし、蓋を開けてみたら、53%と決して高いとは言えない数字。この理由として、メイクではカバーしきれない自身の顔へのコンプレックスがあるのだろう。「自分の顔で最も直したい場所への質問では、メイクで変えることが難しい「顔の大きさ・輪郭」。ついで、「目の大きさ」と「肌」が上位にきた。GODMake.は、「薄盛りメイク時代になり、より元の骨格やパーツのサイズ、素肌が重要視される傾向」」ということが示されている。確かに、輪郭をメイクで修正するにはプロ並みのテクニックを持ってしても厳しいかもしれない。もし、自分のメイク後の顔に対する満足度を上げたいのであれば、小顔マッサージやスキンケアを重視して、スッピン状態でも満足度を高くする対策を立てるのが良さそうだ。

参考URL:http://bhn.jp/news/20983

  関連記事

AD

メルマガ会員限定情報を無料で配信

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>