予防医学メディアサイト 最上級の美を創造する 美が叶う場所

自宅でインフルエンザ判定ができる!それも簡単に。
カテゴリ: 

     
  
   アクセス数: 618   

               

  

インフルエンザの検診といえば、「具合が悪いなぁ〜もしかしたら風邪か・・・それともインフルエンザかな?」と自分自身の予想をたてつつ、病院に出向くのが一般的なスタイル。そこから、菌の宝庫である病院の待合室で診察をひたすら待つわけですが・・・インフルエンザが流行っている時に病院の待合室なんていたくないですよね。ただの体調不良でもインフルエンザ菌が感染しそうな気がしちゃうから。

けれど、来年春にアメリカで登場する「CUE」があれば、自宅で炎症、ビタミンD、ファティリティ、インフルエンザ、テストステロンの5種類の状態を判定してくれるというから画期的です!「スティックを使って、自分で口、腕、鼻の穴などから、体組織のサンプルを採取し、Cueの本体に差し込むと、数分で、Cueに接続しているiPhoneの専用アプリに、それぞれの判定情報が表示される」というこのCueは、言わば今では一般的になりつつある健康管理アプリや万歩計アプリなどと同じように、近い将来誰しもが病院に行かなくても健康状態が分かる事のできる先駆け的存在でしょう。

この先進的機会の情報は以下の通り。

Cueは、ワイヤレス給電Qiに対応しているほか、Bluetooth 4.0を搭載していて、iOSデバイスまたはAndroidと接続できます。

公式サイトでは、予約注文が始まっています。
先着1000名までは、149ドル(ボーナスカートリッジ含む)で、その後は、数量限定で199ドル(米国内への送料は10ドルで、海外への送料は20ドル)。

カートリッジは使い捨てで、インフルエンザ判定用カートリッジは30ドル、その他のカートリッジは20ドル(http://www.iphone-girl.jp/2014/05/352374/)

ビタミンD量も数値化出来、日々の健康にマストアイテムとなる可能性が高いCue、日本での発売が楽しみですね。

参考URL:http://www.iphone-girl.jp/2014/05/352374/

  関連記事

AD

メルマガ会員限定情報を無料で配信

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>