予防医学メディアサイト 最上級の美を創造する 美が叶う場所

家庭環境は良いですか?もし少しでも悪いと・・・
カテゴリ: 

     
  
   アクセス数: 1073   

               

  

ストレスが健康に及ぼす影響は計り知れません。それは周知の事実ですよね。もし、あなたの今いる家庭環境が良いと断言できないものだったとしたら・・・?

実は健康に被害どころか、早死するリスクが高まるというから恐ろしい話です。この程、デンマーク・コペンハーゲン大学の調査結果が学術誌「Journal of Epidemiology & Community Health」に掲載され、話題を呼んでいます。その調査結果によりますと「家庭内の人間関係に問題がある人は死亡リスクが1.5~2倍高まる」というのです。この調査の方法は以下。

デンマークでは、2000年に、9875人を対象とした、健康に関する大規模な調査が行なわれている。コペンハーゲン大学の研究者は、その過去調査から、家庭で(妻/夫や子供から)ストレスを受けていると考えられる約1000人を抜き出し、一人ひとりについて、11年後(2011年)の生死を確認した。

その結果、彼らが比較的早死にしていることがわかったのだ。彼らの死亡リスクを計算すると、家庭内にストレスのない人たちと比べて1.5~2倍になった。http://irorio.jp/sophokles/20140626/145080/

以前からCREVIAでは、良好でない人間関係が生み出す健康被害や病気のリスクについてお伝えしてきましたが、家庭環境は死亡のリスクを高めるというので注目せずにはいられません。一番身近な人間関係だからこそ、健康と結びつくのでしょう。もし、あなたが家庭環境でお悩みなら、病院にカウンセリングに行く頻度を増やすなり、自分の体調に敏感になる必要がありそうですよ。

 

参考;

http://irorio.jp/sophokles/20140626/145080/

  関連記事

AD

メルマガ会員限定情報を無料で配信

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>