予防医学メディアサイト 最上級の美を創造する 美が叶う場所

シワ対策の化粧品なら◯◯成分が入っているか着目せよ!
カテゴリ: 

     
  
   アクセス数: 1144   

               

  

「シワに効く!」「アンチエイジング化粧水!」など謳い文句が沢山並んでいる中で、あなたはシワ対策の化粧品をどのように選択していますか?

成分や有効成分、防腐剤などの知識がない方は謳い文句で選んでしまいがち。

しかし、実際は本当にシワに効くのか使用してみないと分からなかったりするものです。

だからと言って、一から成分を勉強するなんて気の遠くなる話ですよね。

そんな時、注意してみてもらいたいのは3つの成分です!

その成分はシワに有効な成分であり、それらが入っている化粧品はシワ対策として打ってつけ!

では、その三つとは・・・

  1. レチノール
  2. ビタミンC
  3. アルファヒドロキシ酸

何故これらが良いかと言うと・・・

レチノールは、「コラーゲンを生み出す細胞を活性化するので、皮膚にハリが出てくる。 米ビバリーヒルズの皮膚科医Harold Lancer氏によると、肌の代謝を促進するので、毛穴をきれいに、そしてもっちり肌にしてくれる」というシワ対策には最適な成分。これが入っていれば、シワ対策だけでなく、アンチエイジングとして特効が期待できるでしょう。

ビタミンCは美容に欠かせません。「コラーゲンの合成促進や肌のトーンを明るくするなどの作用がある。シワの原因ともなる紫外線の対策にも有効で、紫外線を浴びることでできる活性酸素を取り除いてくれる。さらに、ビタミンCには日焼け止めの効果を増強・長持ちさせる効果もある」というから、レチノールの化粧品にプラスして是非使いたい成分ですよね。しかしビタミンC自体は安定のしない成分なので、それを安定型にしたビタミンC誘導体の配合が選ぶべき化粧品です。

最後に、アルファ匕ドロキシ酸。「古い角質を取り除く作用があり、ケミカルピーリングによく使われる。「古い角質はシミを色濃くし、シワもくっきりと目立たせてしまう」と話すのはニューヨークの皮膚科医Jeannette Graf氏。 アルファヒドロキシ酸は、乳酸やグリコール酸の総称であり、ラベルにはそれらの名称が記載されている場合もある」というので、表示名には注意して見てみましょう!

あなたのシワ対策が効率的なものでありますように!

参考:http://irorio.jp/karenmatsushima/20140719/149680/

  関連記事

AD

メルマガ会員限定情報を無料で配信

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>